Entry: main  << >>
願うこころは 道をつくる

 

 

negau  

 

 

 

 明けましておめでとうございます

 

 

 

 皆さまは、「仏さまに自分の願い事

 

をしてはいけない」と言われたことは

 

ないでしょうか。亡き方の供養だけを

 

するのが仏教だとおっしゃる方がおら

 

れますが、これは私たち僧侶にとって

 

非常に悲しい言葉です。目先の欲望を

 

満たすためだけの願い事はつつしむべ

 

きですが、どうしようもない苦しみか

 

らの救いを求める時は、仏さまにおす

 

がりください。

 

 

 

知恩院 阿弥陀堂

 

 

 

 老いや病や死別など様々な苦しみが

 

私たちを襲います。時間はさかのぼれ

 

ませんし、世界的名医にも治せない病

 

はあります。出会った方とは必ず別れ

 

がやってきますし、断ち切れない悪縁

 

に苦しめられることもあります。世の

 

中は自分ではどうしようもないことば

 

かりです。苦しみから救われたいと願

 

うばかりです。そんな時こそ阿弥陀さ

 

まのお名前をお呼びするのです。阿弥

 

陀さまは、我が名を呼べば必ず救うと

 

おっしゃっています。阿弥陀さまを信

 

じ、極楽に救われたいと思えたなら、

 

それは真っ直ぐに伸びる明るい未来へ

 

の道を得たようなものです。願う心と

 

お念仏という行動がともなえば、極楽

 

に救われるという目標は必ず達成され

 

ます。千里の道も一歩からです。極楽

 

への道も今日のお念仏一声から始まる

 

のです。亡き方の供養のためにも自ら

 

が極楽に救われるためにも、共々に願

 

いを込めてお称え致しましょう。  

 

 

 

夕日

 

 

 

 何度道に迷っても、阿弥陀さまは私

 

たちをお見捨てにはなりません。私た

 

ちを救うために仏さまに成られたので

 

すから。

 

 

 

合掌 南無阿弥陀佛

 

 

 

 

| 法藏院住職 | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode