Entry: main  << >>
不足を数えず 感謝に生きる

 

 

 

fusoku  

 

 

 

 私たちの欲望には際限がありません。

 

寒さを防ぐ服があっても、また新しい

 

服が欲しくなります。毎日の食事に困

 

っていなくても、食べたい物はたくさ

 

んあります。雨風を防ぐ住まいがあっ

 

ても、より良い環境を求めます。不足

 

を数えれば切りがありません。    

 

 

 

 

 病により視力を失った男性が、私に

 

教えてくださいました。「できなくな

 

ってしまったことを数えるのではなく、

 

できることを数える人生を歩みたい。

 

テレビを観られなくなっても、本を読

 

めなくなっても、私は家族の声を聞く

 

ことができる、話しかけることができ

 

る。世の中には、大切な家族と別れて

 

悲しみにくれる人がたくさんいる。そ

 

んな中で私は、家族に囲まれて暮らし

 

ている。こんなに幸せなことはない。

 

そして、この世を去るその時も、阿弥

 

陀さまにお任せすればいい。『南無阿

 

弥陀佛』とお称えすれば、極楽に救っ

 

てくださるとお聴きした。残りの人生

 

は阿弥陀さまに感謝してお念仏を称え

 

ながら過ごしたい」  

 

 

 

月影

 

 

 

 この方は、毎日欠かさずお念仏をお

 

称えになって極楽へ往かれました。お

 

念仏が、特別な知識や体力が必要な修

 

行であったならこの方には実践できな

 

かったでしょう。しかし、阿弥陀さま

 

を信じ「南無阿弥陀佛」とお称えする

 

だけで救っていただける修行であった

 

からこそ、実践していただけたのです。

 

阿弥陀さまは、私たちを救うために易

 

しい修行をご用意くださいました。共

 

々に阿弥陀さまに感謝して、お念仏を

 

お称えし生きていきましょう。

 

 

 

合掌 南無阿弥陀佛

 

 

 

| 法藏院住職 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode