Entry: main  << >>
拝む姿みな尊し

 

 

 

ogamu  

 

 

 

 阿弥陀さまが創られた世界を極楽

 

申します。病気も災害も戦争も苦しい

 

ことは何一つない究極の安楽の世界で

 

す。極楽は、我々が住むこの世界から

 

遥か西の彼方にあると経典に記されて

 

います。極楽のことを別名、彼岸(ひ

 

がん)と申します。春と秋のお彼岸に

 

は、普段にも増して共々にお念仏をお

 

称えし、極楽(彼岸)に救われること

 

を願いましょう。  

 

 

 

御影

 

 

 

 ある人が「法然上人は勝れた学僧で

 

いらっしゃるので、お称えになるお念

 

仏は、一声一声が阿弥陀さまの御心に

 

適っているのでしょうね」と言いまし

 

た。それを聞いた法然上人は「お念仏

 

の救いというのは、読み書きのできな

 

い者であっても、称えれば必ず極楽に

 

生まれられると信じて、常にお念仏を

 

称える人を対象とするのです」とおっ

 

しゃいました。つまりは、深く仏教を

 

学んでいるかどうかは問題ではありま

 

せん。お念仏を称える者に優劣はない

 

のです。信じて称える者こそ救われる

 

のですから、阿弥陀さまを拝む姿は、

 

みな平等に尊いのです。高僧さまのお

 

称えになるお念仏も、今日初めてお称

 

えになる人のお念仏も、同じお念仏で

 

す。私たちは一様に救われる側の立場

 

なのですから。  

 

 

 

日想観

 

 

 

 秋分の日と前後三日を含めた一週間

 

(9月19日〜25日)を、秋のお彼岸と

 

申します。お彼岸には夕陽が真西に沈

 

みます。夕陽の遥か彼方に極楽がある

 

のです。共々に「南無阿弥陀佛」とお

 

称え致しましょう。そしていつの日か

 

極楽で、亡き人たちと再会し、悲しみ

 

のない日々を過ごしましょう。

 

 

 

合掌 南無阿弥陀佛

 

 

 

2016.11

 

 

2016.10

 

 

2016.3

 

 

2016.8

 

 

2016.9

 

 

この夏、境内で咲いた蓮のお花です。

 

浄台蓮(じょうだいれん)と申します。

 

 

 

| 法藏院住職 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode