Entry: main  << >>
ありがとう 心に言葉に行動に



arigatou  



 感謝の言葉は、心に思っているだ

けでは相手に伝わりません。心を込

めて声に出して伝えることが大切で

す。  




 法然上人のお言葉     

  心には本願を頼みとして、口に

  は名号を称え、手には念珠をく

  るだけです。常にこれを心がけ

  ることが、必ず極楽に救われる

  ことが叶う、この上ない行です。  




 本願とは、阿弥陀さまが仏に成ら

れる前に立てられた四十八項目の誓

いのことです。阿弥陀さまは「この

誓いが達成できるまで私は仏に成り

ません」と誓われました。いくども

の生と死を繰り返しながら、気が遠

くなる程の歳月のあいだ修行を積ま

れ、ついに仏に成られたのです。つ

まり、すべての本願を達成されたの

です。本願の中に、「私を疑わず、

本願を信じ、極楽に生まれたいと願

って、南無阿弥陀佛と称える者を救

える仏に成る」とあります。 法然上

人は、「本願を信じ、名号を称え、

念珠をくることを心がけることが、

この上ない修行だ」と仰っています。

名号とは、南無阿弥陀佛のことです。

念珠をくるとは、お念仏の数を数え

て、少なくとも、毎日決めた数だけ

のお念仏を称えることです。お念仏

は、時間も場所も姿も選びません。

布団の中、車の中、お風呂の中どこ

ででも結構です。ただし、信じる心

は必要です。共々に本願を信じ、お

念仏をお称え致しましょう。  




知恩院 阿弥陀堂



 言葉は、心を込めて伝えることが

大切です。お念仏も、願いを込めて

称えることが大切なのです。共々に

お称えいたしましょう。「極楽に生

まれたい」その一心で。



合掌 南無阿弥陀佛
| 法藏院住職 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode