Entry: main  << >>
少欲知足(しょうよくちそく)



musabori  




 貪りの人生とは、欲望のままに生

きるということです。尽きることの

ない欲望の中で、満足することがな

い人生のことです。

実は、この貪りが我々に苦をもたら

します。思い通りにならない人生に

苦しむのは、自身から出た欲が元凶

なのです。人生は思い通りにならな

くて当然です。

むしろ望み通りになることのほうが

少ないのですから。  




 無量寿経(むりょうじゅきょう)

という経典の中に、阿弥陀さまの修

行時代のお姿が記されています。  


  「欲すること少なくして、心、

   晴れ晴れと満ち足りることを
  
   知る」


この境地を、少欲知足(しょうよく

ちそく)と申します。すでに得たも

ので満足し、いまだ得ていないもの

を強く求めない生き方です。とは申

しましても、このようには生きられ

ないのが我々です。欲を制御できず

に苦しむのが人間です。腹八分目を

守れずに、つい食べ過ぎてしまいま

す。些細な欲が強欲を呼び、強欲は

不満へと変わります。不満は妬みや

憎しみを生み、やがて争いを生みま

す。私たち人間は、少欲で満ち足り

ることはないのです。  





joyanokane




 知足の人生を目指すのが仏教徒の

生き方です。しかし、残念ながらそ

れができないのが多くの人間です。

こんな我々を救うために、阿弥陀さ

まは仏と成られました。たとえ欲を

抑えきれなくとも、心から極楽に生

まれたいと願い「南無阿弥陀仏」と

称えたなら必ず救うと、阿弥陀さま

は仰っておられます。愚かな自分を

受け入れた上で共々にお念仏をお称

えいたしましょう。



合掌 南無阿弥陀佛




 
| 法藏院住職 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode