Entry: main  << >>
無比法楽(むびほうらく)



南無と称える  




 受け入れ難いことだと思いますが

すべての生き物は始まりが分からな

いほど昔から、生まれ変わりを繰り

返しています。前世の行いで現世が

決まり、現世の行いで後世が決まる

のです。多くの生き物の中で、人と

しての生を受け、仏教に遇い、念仏

を称える身であることは、千載一遇

以上に尊いことです。数ある前世の

中で、我々は一度も極楽に生まれて

いないのです。  





御影




 法然上人の御言葉   

  今、この阿弥陀仏の本願に出逢

  えたことは、本当に並大抵の因

  縁ではありません。よくよくお

  悦びなさいませ。

  たとえまた本願に出逢えたとし

  ても、もし信じないならば出逢

  わないのと同じことです。  




 本願とは、阿弥陀さまが仏に成ら

れる以前に誓われたもともとの願い

のことです。本願の中で阿弥陀さま

は、「南無阿弥陀仏と称える者を、

必ず救う。もしこの願いの通りにな

らなければ、私は仏と成らない。」

と誓われて、数えきれない程の生涯

をかけて修行を積まれ仏と成られた

のです。

この本願に今生で出逢えた我々は、

夜の太平洋で溺れて、漆黒の海上を

さまよう中、流木に出逢うようなも

のです。この流木を誰が手放すこと

ができるでしょうか。私は、とても

できません。次の機会は無いに等し

いのです。  




 数えきれない生まれ変わりの中で

ようやく出逢えた最後のチャンスは

誰かのためではなく、すべての人に

平等に与えられたチャンスです。

今生こそは本願を信じ、お念仏をお

称えし、共々に極楽浄土へ参りまし

ょう。



合掌 南無阿弥陀佛






蓮6




 
| 法藏院住職 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode