Entry: main  << >>
法蔵菩薩の修行



大切なことは    



 春は桜の季節です。桜は1年を通

して非常に手入れが大変だと聞きま

す。我々は綺麗な姿だけを見せてい

ただいておりますが、開花に至るま

でには多くの方々の苦労があるはず

です。我々は、大切なことに気づか

ずに日々を過ごしているのかもしれ

ません。



四天王寺の桜2  



 阿弥陀さまは修行時代、法蔵菩薩

(ほうぞうぼさつ)とおっしゃいま

した。法蔵さまは、本願と言う誓い

を立て、我々を救うために途方もな

い修行を積まれました。その歳月は

不可思議兆載永劫(ふかしぎちょう

さいようごう)と経典に記されてい

ます。これを一説により式にすると

不可思議 (10の64乗 (10の12乗)

×載(10の44乗) ×永×劫となります。

計算すると10の120乗×永劫となり

ます。10の120乗は10120

です。

劫は、20km四方の岩(大阪市がす

っぽり入るほどの岩) に、100年に

1度
天女が舞い降りて羽衣でなで

摩擦で大岩が無くなるまでの時間が

1劫と言われています。

この1劫に果てしなく長い時間の永

をかけると永劫です。

ちなみに地球ができたのは46億

前(
46×10の8乗)宇宙ができたの

138億年前(
138×10の8乗)と言わ

ています。


法蔵さまは、数えきれない程の生ま

れ変わりを繰り返しながら修行を積

まれ、ついに仏と成られました。



知恩院 阿弥陀堂    



 すべての人々の代わりに果てしな

い修行を積み、その修行の成果を、

「南無阿弥陀佛」の六字に込めて、

「念佛を称える者を必ず救う」と、

誓わ
れたのが阿弥陀さまです。

なかなかその偉行に気づけない我々

ですが、共々に念佛を称えさせてい

ただきましょう。



合掌 南無阿弥陀佛



 
| 法藏院住職 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode