Entry: main  << >>
実りをいただく幸せ

 

 

 

minori

 

 

 

 実りの秋と申しますが、作物を育て

 

るには、まず土作りが必要です。土を

 

たがやし、肥料をまき、ようやく種を

 

植えます。芽が出て、花が咲き、そし

 

て実がなるまでには、何年もかかりま

 

す。太陽のひかりと、めぐみの雨、そ

 

して、作物を育ててくださった方々に

 

感謝して、実りをいただきたいもので

 

す。  

 

 

 

 私は、幼い頃から念仏がそばにあり

 

ましたが、その有り難さに気づいたの

 

は、僧侶になってからでした。念仏は、

 

阿弥陀さまの修行の絶大な成果なので

 

す。阿弥陀さまは「仏に成り、私の名

 

を呼ぶ者を必ず救う」と誓われて、修

 

行を積まれました。私たちの想像を超

 

える過酷な道を歩まれた末に、念仏が

 

あるのです。

 

 

 

月影

 

 

 

 「おのが目の 力で見ると 思うな

 

よ 月の光で 月を見るなり」という

 

御歌があります。月を見て癒される私

 

たちは、自分の力で月を眺めているよ

 

うに思いますが、月の輝きがあってこ

 

そ眺めることができるのです。念仏も

 

同じように、自分の力で称えているよ

 

うに思いますが、阿弥陀さまの誓いと

 

修行があってこそ称えられるのです。

 

 

 

知恩院 阿弥陀堂

 

 

 

 「南無阿弥陀佛」とは、助けてくだ

 

さい阿弥陀さまという意味です。心を

 

込めてお称えすれば、この世で命が終

 

わるとき、極楽という世界に阿弥陀さ

 

まがお救いくださいます。極楽には、

 

病気も災害も戦争もありません。先立

 

たれた方々は、安楽の地で私たちを待

 

っておられます。阿弥陀さまの修行の

 

成果をいただく幸せをかみしめながら、

 

共々に念仏をお称えいたしましょう。

 

 

合掌 南無阿弥陀佛

 

 

 

| 法藏院住職 | 16:47 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode