Entry: main  << >>
咲いて散って また咲く準備

 

 

 

saitechitte  

 

 

 

 鉢植えの蓮は毎年植え替えが必要で

 

す。もう間もなくその時期がやってき

 

ます。真夏に大輪の花を咲かせた蓮は、

 

枯れたのち泥の中で少しずつ蓮根が育

 

ち、冬を越すのです。そして、春には

 

古い土から新しい土へと住まいを移し、

 

再び夏の日差しの中、花を咲かせます。

 

私たちも蓮と同じように、やがて住ま

 

いを移す時がやってくるのです。  

 

 

 

 

 先月、義母が亡くなりました。4年

 

間、在宅介護をしていたので、義理の

 

母とは思えず、実の母を見送った心境

 

です。涙することもありますが、極楽

 

にいると思うと少し気持ちが和らぎま

 

す。母はこの世を去りましたが、消え

 

てなくなったのではありません。極楽

 

の池の上で、蓮の花につつまれて咲く

 

準備をしています。  

 

 

 

はす6

 

 

 

 「散るさくら 残るさくらも 散る

 

さくら」という御歌があります。さく

 

らの枝には、風に吹かれて散る花びら

 

と、残る花びらがありますが、残った

 

花びらもやがて散るのだという御歌で

 

す。私たちも花びらと同じように、家

 

族を見送り、そして自分が見送られる

 

日がやってきます。世の常とは申しま

 

しても本当に辛いことです。  

 

 

 

大阪城 桜

 

 

 

 しかし、決して辛いことばかりでは

 

ありません。南無阿弥陀佛と称えると

 

阿弥陀さまが極楽に救ってくださいま

 

す。死別は、逝く者も残る者も苦しみ

 

をともないますが、それだけではあり

 

ません。念仏を称える者は、極楽で花

 

開き、残された者を導く存在として生

 

まれるのです。共々に、花咲き誇る蓮

 

池を想い、お導きを信じて生きていき

 

ましょう。

 

 

 

合掌 南無阿弥陀佛

 

 

 

 

| 法藏院住職 | 20:12 | comments(0) | - | pookmark |
Comment








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode