Entry: main  << >>
心は同じ 花のうてなぞ

 

 

 

kokoroha  

 

 

 

 今月8日は母の命日です。亡くなっ

 

て10年が経ちました。思い出すと辛

 

いこともありますが、母との約束が生

 

きる支えになっています。春秋のお彼

 

岸は、極楽に想いを馳せるためのもの

 

ですが、私にとっては約束を再確認す

 

る季節です。皆さまは、どのようなお

 

気持ちでお過ごしになるのでしょうか。  

 

 

 

 

 こころは同じ花のうてなぞとは、極

 

楽に生まれることを願い念仏を称える

 

者同士は、やがて花のうてなで、再会

 

できるのですよ、という御歌です。う

 

てなは、「台」と書きます。蓮の台座、

 

蓮台(れんだい)のことです。私たち

 

は、極楽で蓮の花から生まれるのです

 

が、その花の中央に蓮台があります。

 

「花のうてな」は再会の場所「極楽」

 

を示しています。  

 

 

 

 

はす1

 

 

 

 

 「あの世から この世は 見えて 

 

さし向かい」という御歌があります。

 

私たちから極楽の様子は見えませんが、

 

極楽から私たちの様子は常に見えてお

 

ります。透き通る池の上で、蓮台に乗

 

り私たちを見守ってくださっています。

 

そして、導いてくださっているのです。

 

このお彼岸には、念仏を称え、大切な

 

亡き方とこころを通わせましょう。  

 

 

 

 

 私は母と、極楽での再会を約束しま

 

した。つまり念仏を称え続けることを

 

約束したのです。時に人生は、冬のよ

 

うに厳しく辛いものですが、春の来な

 

い冬がないように、念仏を称えていれ

 

ば、極楽に生まれることは間違いあり

 

ません。先立った人たちや、残してい

 

く人たちとの再会を楽しみに、日々念

 

仏を称えて暮らして参りましょう。

 

 

合掌 南無阿弥陀佛

 

 

 

| 法藏院住職 | 07:35 | comments(2) | - | pookmark |
Comment
もうそんなに時間が過ぎたのですね…。早いものです。たしかに生きていると辛いこともありますが、生きているからこそ感じることが出来るのだと思います。今は辛くても、また会える日を楽しみに生きていこうと思います。私にも必ず会いたい人がいます。約束はしていないけど必ず会えるように、1日1日を頑張って生きていこうと思います。上手く言えないけど…いつもありがとうございます。
Posted by: Eriko Naemura |at: 2020/03/11 6:01 PM
Erikoさん
コメントありがとう。
返信が遅くなってすみません。
生きているからこそ、喜びを分かち合うことも出来るのですよね。
気持ち、伝わりました。
こちらこそ、いつもありがとう。

会いたい人には、必ず会えますよ。
お互いに毎日を精一杯生きていきましょう。
これからも夫婦共々よろしくお願いします。

そちらも大変かと思いますが、くれぐれも大事にしてください。合掌
Posted by: 住職 |at: 2020/04/02 9:01 AM








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode