Entry: main  << >>
あの人の恩 ありし日を思う

 

 

 

anohito  

 

 

 

 私たちは多くの人に支えられていま

 

す。感謝の気持ちを伝えるためには、

 

何をすべきでしょうか。人それぞれ手

 

段は違うと思いますが、私は、私自身

 

が極楽に救われることこそが、一番の

 

恩返しだと思っています。そして、そ

 

のために日々お念仏を称えて暮らして

 

います。  

 

 

 

 

日想観

 

 

 

 

 9月は祖母が亡くなった月です。命

 

日が近づくと最期の言葉を思い出しま

 

す。当時の私は、寺の運営に関して悩

 

んでいました。祖母は亡くなる1週間

 

前に私を病室に呼び、ベッドに座らせ、

 

眉間にしわを寄せながら、怖い顔をし

 

て私に言いました。「あんたはええか

 

っこしいや、人前でいいところを見せ

 

ようとして見栄を張る。すぐに背伸び

 

をする。出来もせん大きなことを言っ

 

て、叶いもせん夢を語って、ほんまに

 

気をつけんといかん。あんたはあんた

 

のペースでいいから、焦らず地道に努

 

力せんといかん。忘れたらあかんで、

 

よう覚えときや」最期の力を振り絞っ

 

て伝えてくれた言葉には、祖母の優し

 

さが詰まっていました。生涯忘れられ

 

ない言葉です。自己研鑽を疎かにし、

 

寺の発展ばかりに目を向けていた私は、

 

自分を見直し布教を学ぶようになりま

 

した。これ以後「地道に努力」を心が

 

けています。  

 

 

 

 

 阿弥陀さまは「南無阿弥陀佛」と我

 

が名を呼べば必ず救うとおっしゃって

 

います。祖母の言葉を借りるなら、自

 

分のペースで、真面目に積み重ねるの

 

がお念仏だと思います。皆様にも、す

 

べての御恩に報いるためにお念仏をお

 

称えいただけたらと思います。

 

 

 

合掌 南無阿弥陀佛

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

この夏、境内で咲いた蓮のお花です。

 

昨年は一輪も咲きませんでしたので、

 

喜びもひとしおです。皆様にとって

 

一服の清涼剤になれば幸いです。

 

 

 

24681312910137511

 

 

 

 

 

| 法藏院住職 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode